FC2ブログ

TOP > スーパーアグリ 佐藤琢磨が初のポイント獲得!8位入賞!!
Google
 ← 安全第一には代えられませんね。エキスポランドのジェットコースター事故!! | TOP | 高校生のマナーの悪さを利用してるだけじゃないの!

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有名人がたくさん訪れる人気blogランキングへ


[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


スーパーアグリ 佐藤琢磨が初のポイント獲得!8位入賞!! 

2007年05月14日 ()
チーム成長、22戦目の初ポイント=アグリ、運味方に8位入賞-F1スペインGP
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070514-00000029-jij-spo

ついにやりましたね。
純日本チームが、自動車レースの最高峰のF1で入賞するなんて、
参戦22戦目にして、ようやくF1の戦い方の努力が報われるときがきましたね。
これからも佐藤琢磨をメインとするスーパーアグリ・ホンダに期待しましょう。

【バルセロナ(スペイン)13日時事】
自動車レースのF1世界選手権シリーズ第4戦、スペイン・グランプリの決勝が13日行われ、スーパーアグリ・ホンダの佐藤琢磨が8位に入賞、同チームに初のポイントをもたらした。
参戦から22戦目、純国産チームの成長を実感させた。

 「運にも助けられた」。佐藤は素直に心境を明かした。
終盤まで、ポイント獲得圏にあと一歩の9位。
ところが、1つ前のルノーのフィジケラが燃料トラブルで残り6周でピット作業。その間隙(かんげき)を突いて8位に浮上した。

 完走したのも22台中の14台。だが、その「恩恵」にあずかれる位置に、車を押し上げていたからこその結果でもある。
13番手のスタートから堅実に周回を重ね、1回の給油で周回を伸ばす作戦も当たり、最高6位を走行。
「ポイントに届く力があるか分からないが、きちっとレースをすればチャンスはあると思っていた」と鈴木亜久里代表。

 1週間前の合同テストで走り込み、空力面での改善に手応えも見せて臨んだレースだった。
参戦1年目の昨季は予選では1次予選(Q1)突破ができず、決勝の最高成績も10位。
メーカー系チームに比べ、予算的な苦しさは変わらないが、課題をマシンの戦闘能力アップにつなげるチーム全体の底力も身に付いてきた。「全員の努力の結晶。優勝と同じ価値」と佐藤。
さらなる飛躍の、大きな通過点となった。 

スーパーアグリF1チーム (Super Aguri F1 Team, 略称SAF1)
2006年からF1に参戦を開始したコンストラクターである。

◆チーム概要
<エントリー承認までのいきさつ>
2005年の日本GP前の記者会見において突如ホンダが
新チーム立ち上げ・参戦の動きがある
そのチームにエンジンを供給する用意がある
B・A・Rからの離脱が決定していたドライバーの佐藤琢磨がそのチームからオファーを受けている と発表した。
当初これに対して「佐藤琢磨の放出に対する非難をかわすためのものではないか」と揶揄される向きもあったが、11月1日に元F1ドライバーの鈴木亜久里が「純日本チーム」として参戦するためFIAへのエントリーを済ませたことを発表し、ホンダの発表がこれを示していたことが知れ渡る。

しかし12月初めにFIAより発表されたエントリーリストに同チームが掲載されないという事態が発生する。
当初「書類申請上の不備」と発表されたが、実際には参戦のための供託金が支払期限までにFIAに入金されなかったことが原因であった(後に鈴木亜久里本人が公言)。
これを受けてチームは再申請のために他10チームからの合意を年内に取り付け、新たなスポンサーを獲得することでなんとか供託金支払いも済ませることに成功。
その結果「レイト・エントリー」の締切期限前日である2006年1月26日に正式にFIAからエントリーが認められた。

◆ドライバー

2006年
 <当初の体制>
佐藤琢磨(2005年F1アメリカGP)2006年のドライバーは、当初の経緯から佐藤琢磨の起用は確実視されていた。
もう1人のドライバーについては、純日本チームという観点からARTAのドライバーでもある井出有治の起用が有力視されていたものの、チームからは日本とヨーロッパ、アメリカのドライバーと交渉しているという発表があったこと、およびスポンサー関係を考慮すると2人とも日本人ドライバーにはならないのではないかと危惧されていた。

しかし、結局2月15日に、佐藤と井出の起用が決定したという正式発表がなされた。
なお、2人のドライバーがいずれも日本人というのはF1史上初のことである。

また、リザーブ(控え)ドライバーについては、当初は開幕3戦目までの限定契約という形で、2005年にルノーのテストドライバーを務めていたフランス人のフランク・モンタニーが務めた。
4戦目以降のリザーブに関しては、ホンダのリザーブ・テストドライバーのアンソニー・デビッドソン、ジェームズ・ロシター、アダム・キャロルなどが候補に挙げられたが、ホンダが彼らのドライブを許可しなかったため、4戦目以降はリザーブドライバー無しで戦っていくものと思われていた。


FIA勧告によるドライバー交代
しかし大半の予想に反して、チームは第5戦ヨーロッパGPにおいてサードカーを走行させることを発表、第3ドライバーはモンタニーが務める予定であった。

ところがチームに対してFIAから「井出がF1でのスキルを向上させるために必要な走行距離を金曜のフリー走行で作るべきである」との勧告が通達される。
これを受けてチームは井出を第3ドライバー、モンタニーをレースドライバーに変更したが、その後「フリー走行についても井出は出走させるべきでない」との勧告が通告された事によりヨーロッパGPでのサードカー走行を断念した。

さらにヨーロッパGP終了後、5月10日に井出のスーパーライセンス剥奪が決定されてしまう。
チームは井出をテストドライバーとして残し、復帰の道を模索したが

スーパーライセンスの再交付には全チームの合意が必要となるが、ほとんどのチームが反対の意向を示した SA06登場までテスト予定がないことから走行マイルを稼ぐことができなかった
などの理由から復帰は困難となった。
その後7月に井出はフォーミュラ・ニッポン、SUPER GTなど日本国内のレースに参戦しているが、いずれも「スーパーアグリからのレンタル」という形態を取っており、契約はシーズン終了まで継続された。

チームはモンタニーとモナコGPまで正ドライバーとして契約し、その後のドライバーに関しては多くの関係者と議論を重ねた上で決定すると発表した。
このことから新たな日本人ドライバーの起用も予想されていたが、チームはモンタニーとの契約をアメリカGPまで延長する。

ヨーロッパGPからサードドライバーを走らせる予定が狂ってしまっていたが、イギリスGPより山本左近を起用し、ようやくサードカーを走らせることとなった。
山本の契約は当初アメリカGPまでであり、モンタニーとの契約もアメリカGPまでであったが、モンタニーの母国GPでレギュラードライバーからサードドライバーに降格させることは酷であること、新車SA06は予定が遅れドイツGPからの投入見込みとなったことから、フランスGPは従来通り「セカンドドライバーがモンタニー、サードドライバーは山本」として戦い、ドイツGPより山本をセカンドドライバーに昇格させた。
なお、モンタニーは2006年シーズン終了までリザーブ&開発ドライバーとしてチームに残留し、2007年はトヨタのテストドライバーとして移籍することが決まっている。


2007年
2007年マレーシアGP2007年シーズンは佐藤はチームに残留し、チームメイトにはホンダのサードドライバーを務めたアンソニー・デビッドソンが加入することが発表された。
リザーブ兼ファーストテストドライバーはオランダ人ドライバーで去年はF3ユーロシリーズに参戦していたヒード・ファンデルハルデを起用。ファンデルハルデは同時にフォーミュラ・ルノー3.5に参戦する。

しかし、2月1日付けのスパイカーF1チームのリザーブドライバーラインナップにファンデルハルデがセカンドテストドライバーとしてラインナップされているため、「二重契約ではないか」と、物議をかもしている。
この出来事の発端となったスパイカーF1チームのページ(なお、年初にスーパーアグリのユニフォームを着たファンデルハルデの写真があった公式HPだが、今は"It's a proud moment for me to be selected to start my Formula 1 career with the Dutch Spyker team. This chance will give me everything I need."と書いてあり、スパイカーのF8-VIIの写真が置いてあるあたり、本人はスパイカーに入るつもりのようだ)。

セカンドテストドライバーには2006年のレースドライバーを務めた山本左近が残留。
同時にGP2に同時参戦することが明らかとなった。
3/14現在、ファンデルハルデの名前が公式ホームページから消され、山本左近がファーストテストドライバーに昇格した模様である。

スポンサーサイト
有名人がたくさん訪れる人気blogランキングへ


[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.05.14(Mon) 13:20] スポーツTrackback(0) | Comments(1)
↑TOPへ


COMMENT

マーケットリサーチャーと30代,40代の転職 by -
マーケットリサーチャーは、市場分析を通じて、売れる商品を見つけ出す http://datum4.photobycolin.com/

コメントを閉じる▲

 ← 安全第一には代えられませんね。エキスポランドのジェットコースター事故!! | TOP | 高校生のマナーの悪さを利用してるだけじゃないの!

COMMENT

マーケットリサーチャーは、市場分析を通じて、売れる商品を見つけ出す http://datum4.photobycolin.com/
[ 2008.11.25(Tue) 11:10] URL | #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yahoonewstopic01.blog95.fc2.com/tb.php/87-1702a1aa
 ← 安全第一には代えられませんね。エキスポランドのジェットコースター事故!! | TOP | 高校生のマナーの悪さを利用してるだけじゃないの!

人気ブログランキングはこちら

いち早くキャッシュを掴むなら!

人生を変える様々な情報はこちら

最近の記事

アクセスランキング

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。